不動産業を営むということ

合同会社を設立して不動産業を営むことについて


合同会社はその名称によって、複数名で合同して会社設立を行うイメージがありますが、開業当初に広く事業展開を行う目処が立っていない場合では、1人であっても合同会社を設立させることが可能とされています。

株式会社と大きく異なる部分としては、業務を行う社員も含め、全てのスタッフが基本的には出資者とされているために、有限責任社員として業務を執行することになります。

そのため、社員間の意思疎通などがスムーズに行うことが可能となり、フットワークの優れた業務展開を行うことが可能になります。例えば合同会社を設立して不動産業を営むことを考えた方の場合では、当初は1人で開業することもできます。その手順として推奨したいことは、持ち合わせている不動産が無いという方の場合では、不動産を管理する事業から着手する方法があります。

例えば賃貸マンションや賃貸アパートなどが全国各地に数多く存在していますが、その全てにはオーナーという存在があります。物件によっては法人が所有しているケースもありますが、個人所有として運営しているオーナー物件を対象として、管理業務を引き受けることが良い方法になります。最初はオーナーに直接接触することになり、管理業務を引き受けるための営業を行うことが必要になります。

その際には、合同会社として設立した会社であっても、社長と名乗ることも可能とされていて、一定の信用を得ることも十分に可能になります。管理する物件を増やしていくことが必要になり、この場合では入居者から得ることの出来る管理費用等が会社の利益として成立することになります。また、後に一定の収益を上げることが出来た場合では、出資者となる社員を増やしていくことも必要になるケースがあります。広く不動産業を展開していくためには、店舗を有して仲介業務も手掛けることも良い方法になります。
このケースでは仲介手数料も会社の利益として計上させることができ、会社を大きく発展させることが可能になります。不動産管理に関しては、例えば日常的に行う定期的な清掃業務や、室内の水周り部分などに不具合が発生した場合では、早急に対応するための知識も必要とされています。さらに、入居者からの家賃を回収する業務なども必要とされているために、会社が発展すると共に、多くの社員を必要とするケースも出てきます。しかし、会社の利益が大きくなった場合では、いわゆる自社物件を獲得することも不可能ではなく、更なる利益を確保することもできます。”